Blog

カンパニーヒストリー(4)

さらにカーラッピングのときの端材を利用して、ドローンラッピングというビジネスをスタートさせてみました。当初は全く購入者もおらず、ネットで「なんでも”ドローン”って付ければいいってもんじゃない」と叩かれたぐらいです。周りに聞かれるたびに「勢いだけで始めた」と言っておりましたが、実際にはしたたかな計算をしていました。そう、自動車産業と同じビジネスモデルになるはず。ドローンが産業として流行ってくれば必ず、コーポレートカラー化やロゴ入れなどの話が持ち上がってくるはずである、そう考えていたのです。そして見事にこの予想は的中、オンリーワンビジネスとして知る人ぞ知るビジネスへと成長を遂げました。

これに加えて、新たにドローンを活用したSTEM教育分野への参入を決めました。来年度から日本の小学校では、ようやくプログラミング授業が必修化されます。しかしながら、その具体的な内容についてはいまだにはっきりと決まっておりません。日本の行く末が心配になり、しびれを切らしてこれまた勢いだけで始めたビジネスです。小学生向けにこれまでに開催したプログラミング教室はいずれも満員、ついには子供たちにプログラミングを教えたいという大人向けの講習も開始いたしました。

続く。

関連記事一覧