株式会社ダイヤサービス(本社:千葉県千葉市、代表取締役:戸出 智祐、以下「ダイヤサービス」)はドローンを活用した運用サービスを中心に手がけている企業です。このたび弊社が進める「ドローンを活用した害獣対策の実運用に向けた狩猟方法確立およびビッグデータ化」事業において、2018年上期の公益財団法人ひまわりベンチャー育成基金より助成金の採択を受けましたのでご案内申し上げます。

国内全体において昨今、害獣、中でもイノシシやニホンジカによる農作物を始めとした被害は極めて深刻です。今年に入り、千葉市内でもイノシシの目撃情報が出るなど、徐々にその行動範囲は広まってきております。

一方で、国として平成35年度までにイノシシ・ニホンジカの生息頭数を半減することを目標としているものの、猟友会を中心とした狩猟者は高齢化が進んでおり、狩猟における生産性向上は喫緊の課題となっております。

弊社では県内のドローン関連企業・狩猟会社と手を組み、国の目標達成のためにドローンを活用した効率的な狩猟方法の確立と、適正な生育頭数管理を目的としたビッグデータ化を目指してまいります。

[ダイヤサービス事業概要]
・ドローン空撮・インフラ点検「SORA.blue
・ドローン飛行練習場運営「HATAドローンフィールド千葉
・ドローンカスタム「DRONE CUSTOM lab.