戸出 智祐
代表取締役/ドローンフライヤー/安全管理者
  • 株式会社ダイヤサービス 代表取締役
  • 千葉マルチコプター協会 理事
  • (一社)日本ドローンコンソーシアム協会 安全推進委員会、制度設計委員会
  • 国交省 無人航空機の目視外及び第三者上空等での飛行に関する検討会 物流分科会構成員
1975年 東京都生まれ。青山学院大学理工学部卒業。三菱自動車工業㈱、㈱ゴルフダイジェスト・オンラインと渡り歩いた後、現在は株式会社ダイヤサービス代表取締役。 ドローン空撮、映像編集、飛行練習場運営、スクール運営、コンサルティング業務を手がける。年間『約100フライト』をこなすドローンパイロット。過去にはJUIDA認定「ドローン大学校」ティーチングアシスタントも務めた。 現在は国交省および経産省「無人航空機の目視外及び第三者上空等での飛行に関する検討会」の直下にある国交省「物流分科会」構成員として活躍中。その他、(一社)日本ドローンコンソーシアムISO検討委員も務める。大手企業や行政・自治体からの講演要請などにも対応中であり、活躍の幅は広い。 千葉県内で初となる、災害発生時のドローン飛行協定を地元と締結。実際に防災訓練を通して、ドローンの活用例を紹介している。その他、平時の物流・有事の災害対応でドローンを兼用するプランの実現に向けて奔走中。今年9月の九州豪雨の際には、ドローンによるインフラ点検を民間企業より打診受け、飛行自粛要請を特別解除除して被災地でドローン飛行を行った実績を持つ。

ご挨拶

「ドローンは航空機である」このスタンスの下、安全管理を徹底した空撮事業よりスタートした当社ドローンビジネス。おかげさまで現在は飛行練習場運営やメディア運営、カスタムやコンサルティングまで手がける企業にまで成長いたしました。今後は必要なところに必要なツールを投入するべく、「空の産業革命」を追求した日本を代表するドローン関連企業を目指してまいります。
三原 彩虹
秘書・広報部長/安全管理者/DroneWrapsマイスター
完全異業種からドローン業界に飛び込んだ逸材。当社のすべての業務におけるバックヤードを切り盛りしており、その上に広報活動、秘書活動も兼務中。ドローンラッピング「DroneWraps®」についてはマイスターの称号を女性で初めて獲得し、既に社内で一番の施工技術を持つまでに成長。「三原仕上げ」を指名するお客様までいるほど。
小澤 貴裕
技術責任者/ドローンフライヤー/安全管理者
  • ドローンフライヤー
  • 安全運行管理者・救急救命士
1973年、東京生まれ。ドローン有効活用研究所上席研究員としてドローンの災害救急医療現場における使用を無人機医療として提唱。AEDやエピペン、救命浮環投下、捜索現場上空監視などの実証実験を実施。現在は大型有翼無人機swift020の国内導入に向けた準備を担当。
山田 一成
ドローンフライヤー
大学卒業後、サラリーマンを経て現在はフリーランスとして活躍中。暇さえあれば練習に励みむ努力家。若いながら緻密な操縦スキルに定評があり、ドローンインターナショナルアソシエーションのスクール講師も務める。英語も堪能で、将来は国外での活躍も期待でき若手ホープ。
中野 和雄
ドローンフライヤー/技術顧問
自衛隊、自動車テストドライバー、政治家秘書など多数のビジネス経験を持つ。ラジコンヘリの時代から空モノに勤しんできた大ベテラン。機体の組立も自身で行えるため、愛機はもちろん自作。